眉毛を増やす為の民間療法をまとめ|早く生やすにはどうすれば良い?

MENU

眉毛を増やす為の民間療法をまとめ|早く生やすにはどうすれば良い?

ファッションのために眉毛を細くしていたり、元々少なかった場合、増やすのは大変です。

 

ただ眉毛専用の育毛剤もあります。

 

まつ毛エクステ同様に眉のエクステもあります。

 

それほどお金をかけることなく早く生やすための民間療法もあります。いろいろ試してみましょう。

 

眉毛の育毛に「ひまし油」

 

民間療法としておすすめなのがひまし油です。

 

風邪や便秘の際に下剤として使用するのが一般的ですが、実は毎日眉に塗ることで濃くしたり色を深くする効果もあるのです。

 

髪の毛を増やしたいときにも利用してみましょう。

 

浸透率が高いため少量使用するだけでも十分に毛穴や毛包細胞に効果が届きます。まつ毛を増やすのにもおすすめです。ただ油が目に入らないよう注意しましょう。

 

眉毛にワセリン、ニベア、リップバーム

 

ワセリンやニベア・リップバームなど塗ってもいいでしょう。特にワセリンはマリリン・モンローの時代から使われていたもの。

 

効果が期待できそうです。

 

眉毛の育毛にマッサージ

 

髪の毛でもそうですが、毛を濃くするには栄養を隅々まで行き届かせるのが大切です。

 

食生活を改善し、不足分はサプリメントで補ってやることで栄養をきちんと補うとともに、マッサージを行なって血行をよくしてやりましょう。

 

毛穴がよく開いている入浴中や入浴後がおすすめです。

 

ゴシゴシこすりすぎると刺激が強すぎるのでやさしく丁寧にマッサージしてやりましょう。

 

ファッションにはやり廃りがあるように眉の太さも時代によって太眉がはやったり細眉がはやったりさまざまです。

 

 

眉毛育毛の民間療法はやり過ぎないこと

 

眉毛の印象によって優しそうな印象を持たせたりきつく見えたりと違ってきます。

 

重要なパーツだけに日頃から清潔に保ってやり、丁寧にケアしてやりましょう。流行のためと抜きすぎると生えてこなくなってしまうのは困りものです。

 

ほどほどにしておきましょう。

 

民間療法はさまざまありますが、効果には個人差があるので必ずしも生えてくるとはかぎりません。それに薬ではないためすぐに効果を実感できるわけではありません。ある程度の期間続けるようにしましょう。そしてもし何らかのトラブルが起こった場合にはすぐに使用を辞めて症状がひどいようなら病院で診てもらうようにしましょう。

 

ワセリンなど決して医学的根拠があるわけではありません。

 

プラセボ(体に現れる思い込み効果)以上の効果はなかったりします。

 

ただ効果が実感できなかったとしてもどの方法も金銭的な打撃が少なくて済むのはメリットです。

 

生活習慣が悪くストレスを溜めてばかりでも眉だけでなく頭皮などの環境も悪化し、薄毛の原因となります。

 

眉毛だけでなく、あなた自身のことも可愛がってあげてくださいね。

 

眉毛の育毛剤ランキング